まだまだ注目されている「黒大蒜」ほとんど友人がありませんでしたが食べるといった・・・

ニンニクのケア節度の中で、今一つ番呼物なのがブラックガーリックではないでしょうか。
通常のニンニクをエナジー、高湿度の環境の中で数週間熟成させるという手間のかかる物ですが、生のニンニクに比べて栄養価が高いところが人気の内証ですね。
皮を擦りむくと真っ黒になった身が見えて、はじめはビックリするかもしれません。
歯ごたえは柔らかく、まるでドライ果実のようです。
フレーバーのほうも軽々しくなっていてほんとに食べやすいですよ。
しかも、ブラックガーリックは熟成させることによって、 ニンニク独自のニオイがなくなってるのも、オススメする論拠のひとつだ。
これならニオイを気にせず日毎食べられますね!そうして、自宅でも簡単に焼ける企業もGOOD。
作り方は簡単で、ニンニクを丸ごと炊飯容器に入れて、2ウィークぐらい保湿ムードにしておくだけです。
これだけで、栄養たっぷりの軽々しくて美味しいブラックガーリックが作れてしまう。
おディナーには勿論、ヨーグルトやスムージーに入れて楽しむのもオススメです。

参考サイト